2014年01月01日

環コミュラボ 特別企画「環コミュ"GP"発見プロジェクト」

(当ラボから世の中へ発信・提案している「素材」の数々をご紹介します。企業活動、教育活動などでご活用をお考えの素材がありましたら、あるいは当ラボに案件(環境コミュニケーションのこういう現場課題に対する解決案を提案してほしい、など)のご依頼がありましたら、左記の連絡先までお気軽にご連絡ください。

筑波大学環境コミュニケーションラボ Presents 「エコプロダクツ2010」特別企画
学生による、環境コミュニケーション“GP”発見プロジェクト


一言で表すと...
→エコプロダクツ展示ブースの中から、効果的に環境情報を伝達できている好事例、すなわち「GP=グッドプラクティス」を発見します。



 本企画は、エコプロダクツ来場者の一定割合を占める若者/学生の視点に立ち、出展企業ブースの中から効果的に環境情報を伝達できている好事例を発見しようとするものです。

 来場者視点の評価によってどのようなコミュニケーション手法が有効かを明らかにし、出展企業等へフィードバックすることで、環境コミュニケーション水準の向上を導きたいと考えます。


問題意識:
 エコプロダクツ展は、毎年非常に多くの方々が訪れる一大イベントです。そこでは企業をはじめとする出展者が、それぞれ個性を発揮し工夫をこらして展示ブースを作り上げ、来場者への「環境コミュニケーション」を図っています。

 とても華やかな舞台に思われるイベントですが、出展者のメッセージや意図は、適切に来場者の方々へ届いているのでしょうか?来場者は、どんな展示ブースやその中身であれば発見や興味、納得感を抱き、そして会場を後にしてからの自分の生活に反映させようとするでしょうか?

 すなわち、「出展者と来場者との、良好なコミュニケーションのあり方にはどのようなものがあるか」というのが本プロジェクトの向き合う「問題・クエスチョン」ということになります。それを、日本最大級の環境展示会である「エコプロダクツ2010」の企業展示ブースの中から勝手に探し出してしまおうというのが、本プロジェクトのとる手法です。

プロジェクトの意義:
 これまで、企業の広報担当者や展示コンサルタントのような「発信者」側による評価や調査はあったと思われますが、展示に対する来場者の感覚を深く表現する報告などは少なかったと思われます。

 私たちはあくまで来場者視点に立ち、環境コミュニケーションの観点から展示ブースを観察することを試みます。それにより効果的なコミュニケーション手法や、”へぇ!”・”そうだったのか!”・”~してみよう。”などと感じられる具体例 を見つけ出し、それらの結果を出展企業等へフィードバックすることで、環境コミュニケーション水準の向上を導きたいと考えます。


同じカテゴリー(アイディア・プロジェクト)の記事画像
環コミュラボ 商品素材 No.4「廃食油そのままキャンドル」
環コミュラボ 商品素材 No.3「Kっ栓投票くん」
環コミュラボ 商品素材 No.2「エコゴロ本」
環コミュラボ 商品素材 No.1「カンフー摩擦」
環コミュラボ 企画実績 No.2「筑波大学『見える化』PJ」
環コミュラボ 企画実績 No.1「レジピンポン」
同じカテゴリー(アイディア・プロジェクト)の記事
 環コミュラボ 商品素材 No.4「廃食油そのままキャンドル」 (2014-01-01 05:00)
 環コミュラボ 商品素材 No.3「Kっ栓投票くん」 (2014-01-01 04:00)
 環コミュラボ 商品素材 No.2「エコゴロ本」 (2014-01-01 03:00)
 環コミュラボ 商品素材 No.1「カンフー摩擦」 (2014-01-01 02:00)
 環コミュラボ 企画実績 No.2「筑波大学『見える化』PJ」 (2014-01-01 01:00)
 環コミュラボ 企画実績 No.1「レジピンポン」 (2014-01-01 00:00)
Posted by 筑波大学環境コミュニケーションラボ at 06:00│Comments(0)アイディア・プロジェクト
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。